年末年始で一番の衝撃!松本人志のネットお笑い番組

年末年始で一番の衝撃!松本人志のネットお笑い番組

 

「松本人志」の画像検索結果

 

 

 年末年始は、まず昨年12月22日からの3連休、

25日に出社して、2連休。28日からは

日刊スポーツ芸能記者の王道で、

日刊スポーツ映画大賞授賞式を取材、

NHK紅白歌合戦リハーサル取材、

そして本番とすごしました。

 

途中、Hey!Say!JUMPの

東京ドーム公演取材を担当して、

少しSMAPロスが癒やされました(笑い)。



圧巻だったのが27日に見た、

東京・銀座博品館劇場の舞台

「平穏~ピースフルライフ~」。

キム兄こと木村祐一(54)と板尾創路(54)の2人芝居。

 

冒頭のキム兄の20分に以上にわたる一人芝居に

戦慄(せんりつ)を覚えた。

30年近く通う、新宿2丁目のゲイバーの

忘年会をキャンセルしたかいがあった(笑い)。



そして、年末年始で一番衝撃を受けたのは

Amazonプライムのオリジナルのお笑い番組

「ドキュメンタル」の最新作。

 

ダウンタウン松本人志による、

第一線の芸人を10人集めたバラエティー。

1人、100万円ずつ出して、1000万円。

それに松本が100万円出して1100万円。

10人が笑わせ合って、笑わずに生き残った芸人が

1100万円を持って行くガチバトル。



大みそかの日本テレビ系「笑ってはいけない」の

顔の黒塗りが物議を醸す中、ネットの中では細かい規制などいらない。

 

ネタばれになるので詳しく書けないが、

ポロリどころかモッコリ、そして聖水ありのガチバトル。

 

笑いの好みは人それぞれだが、「お笑いウルトラクイズ」、

そして大川興行江頭2:50分の番記者として

すごした記者にとっては、最高の作品だった。



なんでもありなのがスポーツ新聞。

明日からは日本テレビ系連続ドラマ「anone」

(10日スタート、水曜午後10時)の

広瀬すず(19)に全力投球しようと思う(笑い)。

 

 

日刊スポーツから