国生さゆりさんが肉体改造を語る

「60歳でも使える体に」

「国生さゆり」の画像検索結果

 

 

国生さゆりさんが

肉体改造を語る

 

 

 50歳を機に体を見直し、

そのアンチエイジング肉体改造を

「国生体操」として出版した

国生さゆり(51)。

 

頭、体、心がつながっていなかったことに

気づいたという。



「45歳を過ぎた頃からですかね、

顎のラインが丸みを帯び、

腰回りに肉が付き、

結構な勢いで体重が増えてきまして。

とはいえ、太ったからキャスティングに

影響する年でもないし……

と思っていたんです。

 

でも、60歳でも使える体でいたい

と考えたとき、トレーニングを始めたんです。

ところがランニングマシンを走ると

7、8分で足腰が痛くなり、

思ったように動けない自分に気づいて。

 

トレーニングができる体をつくる、

マイナスからの肉体改造を始めて、

半年ほどで体も考え方も

気づくことが多かったんです」

 



20代はおニャン子クラブ

絶大な人気を集め、

その後は女優として活躍するなど

芸能界を駆け抜けてきた。

 



「アイドルの経験は血肉になりました。

その後は憧れの女優さんをとにかく観察して、

模倣して、何が魅力なのか理由を求めました。

特に五社英雄監督作品の女優さんは大好きです。

ドラマでご一緒できたら

出番がない日も現場に行き、

ひたすら見ていました。

体力にも自信がありましたし、

そうやってがむしゃらに吸収して。

年を重ねてできなくなることが

増えるのも致し方ないと思っていたんです」

 



■今後の10年で代表作を

 



 半年間のトレーニングで得たことは多かった。

「加齢を理由にあきらめる

必要はなかった。立ち座りに

“よいしょ”って手を添えていたんですが、

不要な動作だったんだと気づきました。

と同時に、自分の体を信用していないから

自分の頭と体、心がバラバラになっていたんだと。

 

私たちの世代って怒られて

育った世代ですから、つい頑張りすぎてしまう。

そうやって年を重ねているうちに、

周囲や会社を優先し、

わが体を信頼することすら忘れ、

自分のことがお留守になっていたんです。

今年は、頑張りすぎず、コツコツと、

でもビジョンは捨てずに進みたいですね。

60歳までの10年で

自分の代表作となる作品を

つくりたいなと思います」

 



「こういう刹那な仕事をしていますから、

どんなに小さくても“チャンスの星”は

すべて仕事に使いたいと思ってしまうんです」

と話す国生。

肉体も精神もまだまだ発展途上だ。

 



▽こくしょう・さゆり 1966年、鹿児島県生まれ。高校在学中に、フジテレビ系「オールナイトフジ」美少女コンテストで優勝。19歳の時におニャン子クラブでアイドルデビュー。翌年、「バレンタイン・キッス」でソロデビュー。解散後は女優、タレントとして活躍。近著に自身のアンチエイジング肉体改造法を記した「国生体操 身体を整えることは、心を整えること」(トランスワールドジャパン)がある。

 

日刊現代より