【箱根駅伝】東洋大が4年ぶり往路優勝!

 

f:id:kstaku:20180103033606p:plain

 

 

箱根駅伝東洋大が4年ぶり往路優勝!

1年生3人起用で王者・青学大破る

 

 

第94回東京箱根間往復大学駅伝競走箱根駅伝

(2日、東京・読売新聞東京本社前―芦ノ湖

5区間=107.5キロ)



 第94回東京箱根間往復

学駅伝競走往路は2日、

東京・千代田区大手町の

読売新聞社前スタート、

神奈川・箱根町ゴールの

5区間107・5キロで行われ、

東洋大が5時間28分29秒で優勝した。

 

2位・青学大とは36秒差。

 

 

1区でスーパールーキー西山和弥が

区間賞を獲得すると、一度も先頭を譲らず、

5区の田中龍誠(1年)が

堂々と芦ノ湖に一番乗りを果たした。

 

前回、青学大が記録した5時間33分45秒の

往路記録を更新し、4年ぶりに往路優勝。

 

同じく4年ぶりとなる総合優勝に王手をかけた。

 



 さらに3位に早大、4位・拓大、5位・法大と続いた。

 

 

酒井監督宣言通りのレースに

 往路5区間は1年生が3人、2年生1人、3年生1人。東洋大の若いメンバーが東京~箱根間を疾走した。1区・西山は区間賞、2区・相沢晃(2年)は区間3位、3区・山本修二(3年)は区間賞、4区・吉川洋次(1年)は区間2位。完璧なタスキリレーで小田原中継所に到着すると、1万メートル自己ベストは30分14秒13と高校生レベルの田中が上り区間で堅実な走りを見せ“天下の険”を制した。

 



 「皆さんが名前を聞いたことがない選手もいるでしょうが、その中からヒーローが生まれると思います」



 昨年12月11日、

東京・文京区の白山キャンパスで

行われた壮行会で酒井俊幸監督(41)が

宣言した通りのレース展開となった。

 

山本を除いては箱根駅伝初出場の

フレッシュなメンバーが快挙を成し遂げた。

 

 

4年ぶりの総合Vへ
 

 登録メンバー16人中、6人が1年生。

前回9区区間賞で今大会の

公式ポスターにも写真が掲載されている

野村峻哉(4年)が調子が上がらなかったため、

メンバーから外れた。

 

前回6区13位の堀龍彦(4年)もメンバー外。

4年生は小早川健だけ。

 

「前回のエントリーメンバーが外れたことは

監督として反省しています」と

酒井監督は率直に話した。

 

しかし、同時に自信もあった。

 

実績では劣るが、1、2年生の

未知数の潜在能力を信じた

指揮官の勝利でもあった。

 



 酒井監督は

「見事に期待に応えてくれて、

レベルの高い走りをしてくれた」と

往路選手の頑張りを称えた。

 

5区では2分以上あった差が、

36秒差まで詰められたが、

最後は逃げ切った。

 

「各区間1秒を削り出す走りをした結果、

5区が接戦だったのですが

削ってくれたおかげ」と

チームの勝利を強調した。



 東洋大は初優勝を飾った

2009年以来の9大会で

優勝4回、2位4回、3位1回と

すべて3位以内と安定した成績を誇る。

 

「10年連続はひとつの節目。

最低でも3位以内。その上で、

王座奪還を目指します」と

酒井監督は強い意気込みを明かす。

 



 復路で青学大は6区の

スペシャリスト小野田勇次(3年)や、

補欠登録で8区投入が確実な

エース下田裕太(4年)らを残しており、

予断を許さない状況が続く。

 

4年ぶり総合優勝へ、

3日は先頭でスタートを切る。

 

酒井監督は「35秒(注・実際は36秒)でも

先頭でスタートの優位性がある。

思い切っていきたい」。

 



 補欠登録で10区出場が

濃厚な小笹椋主将(3年)は

東洋大らしい走りをします」と

きっぱり話す。

 

箱根~東京間でもチームスローガン

「その1秒をけずりだせ」を

体現する走りを貫けば、

4年ぶりの総合Vは見えてくる。

 

 

スポーツ報知より